2023年度 包装管理士講座(58期)

短期集中で包装の実務が身につく

募集期間 2023年2月1日(水)~3月17日(金)
募集定員
東京会場:200名 大阪会場:100名 名古屋会場:70名
福岡会場:30名 仙台会場:15名 札幌会場:15名

詳しくは、下記リンク先をご確認ください。

https://www.jpi.or.jp/saiji/seminar/2023/0531.html

2023年度包装設計の基礎講座

講義と段ボール箱の製作実習で学ぶ最新輸送包装技術の基礎

日 時 2023年5月18日(木)・19日(金)
午前9時30分から午後4時30分まで
会 場 愛知県技術開発交流センター 交流会議室ほか試験設備等
(あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター内)
刈谷市恩田町1丁目157
参加費 会員 39,600円、 一般の方 50,600円
(テキスト代、昼食代、税込み)

第62回包装技術研究大会中部大会

~人にやさしい包装改善事例と人工知能を用いた強度予測、包装に関わる標準化の動向について~

※会場での聴講は定員30名、1社2名までの受付とさせていただきます。(定員到達後の申込については、オンラインでの聴講受付となります。/オンライン定員=500名)
また、感染症の再流行等の社会情勢により、急遽会場での聴講を中止させていただく場合がありますので、ご承知おきください。

日 時 2023年2月16日(木)13:00~16:20
会 場 ウインクあいち 1202会議室 + Zoomウェビナー(オンライン)
※会場聴講定員30名。オンラインは事前登録等の案内をメール送付。
参加費 会員:無料/一般:6,600円(消費税10%込)
その他 セミナーの録音・撮影等(キャプチャ等のデータ保存含む)を禁止します。

【コーディネーター】

・株式会社オカベカミコン 代表取締役社長(包装管理士) 岡部 智 氏

・浅野段ボール株式会社 営業部開発課 課長(包装管理士)鈴木 康二 氏

13:05~13:35

『簡易ラックによる作業効率の改善と安全性向上の実現』

アイロップ株式会社 名古屋営業部 (包装管理士)野本 祐里子 氏

13:35~14:05

『手が痛くない手掛け穴の開発』

ダイナパック株式会社 開発本部中部CSC 設計グループ (包装管理士)野本 早紀 氏

14:05~14:35

『劇的改善!作業者と環境にやさしい 〜 巻くだけトレー』

ナビエース株式会社 営業本部販売推進部 (包装管理士)杉本 洋輔 氏

14:40~15:10

【特別講演⓵】『人工知能を用いた段ボール強度予測』

あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター環境材料室 主任
飯田 恭平 氏

15:10~16:20

【特別講演②】
『包装に関わる標準化の動向と、改定JIS Z 0200 のポイントについて』

公益社団法人日本包装技術協会 包装技術研究所 金子 武弘 氏

※上記の各発表時間は、「質疑・応答」を含んだ表記となります。

【注意事項とお願い】
本催しは「Zoom ウェビナー」を利用したオンライン形式での開催とあわせて、会場にも聴講席を設けた形で実施を予定しております。下記の内容について、事前にご確認ください。

①オンライン聴講の場合、ご利用の端末へのZoom アプリのインストールおよびインターネットへの接続が必要です。回線状況等によっては視聴し難い場合があります。接続利用料金等は、参加者の自己負担となります。

②会場での聴講は定員30 名、1社2名までの受付とさせていただきます。定員到達後の申込については、オンラインでの聴講受付とさせていただきます。また、感染症の再流行等の情勢により急遽会場での聴講を中止させていただく場合がありますので、ご承知おきください。なお、講師は会場に来場しない場合があります。

③参加申込をいただいた方には、E メールで参加手順等をご案内いたしますので、事前にご確認ください。

④本セミナーの内容について、録画・録音・キャプチャー取得等によるデータ保存行為を固く禁止します。また、講演資料は参加者のみの利用に限定しますので、無断で複写・配付・公開する等の行為を行わないでください。

2022日本パッケージングコンテスト入賞作品発表会

~2022日本パッケージングコンテスト入賞作品の包装の工夫やアイデアを知る~

※会場での聴講は定員30名、1社2名までの受付とさせていただきます。(定員到達後の申込については、オンラインでの聴講受付となります。/オンライン定員=500名)
また、感染症の再流行等の社会情勢により、急遽会場での聴講を中止させていただく場合がありますので、ご承知おきください。

日 時 2022年12月7日(水) 14:00~16:30
会 場 ウインクあいち 1103会議室 + Zoomウェビナー(オンライン)
※会場聴講定員30名。オンラインは事前登録等の案内をメール送付。
参加費 会員:無料/一般:5,500円(消費税10%込)
お願い 録画・録音・キャプチャー取得等によるデータ保存行為を禁止させていただきます。

【コメンテーター(進行)】

あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター 環境材料室 主任研究員 佐藤 幹彦 氏

14:05~14:30

〈菓子包装部門賞受賞〉
『紫外線発色インキを使用したグミのパッケージ』

ダイナパック株式会社 蟹江事業所 営業部営業第二課(包装管理士)
山内 宏晃 氏
14:35~15:00

〈飲料包装部門賞受賞〉
『「環境配慮型の3缶用包装」の開発について』

サッポロビール株式会社 技術開発部(包装専士) 横石 智彦 氏
15:05~15:30

≪経済産業大臣賞受賞≫
『海外向けシート輸送固定材 オール段ボール化改善』

スズキ株式会社 生産計画部物流グループ 係長 石川 昌平 氏
15:35~16:00

〈テクニカル包装賞受賞・2022年(第46回)木下賞受賞〉
『バイオマスプラスチックを用いた世界初の医薬品用PTPシートの実用化』

アステラス製薬株式会社 製剤研究所包装・デバイス研究室 研究員
西田 航大 氏
16:05~16:30

〈大型・重量物包装部門賞受賞〉
『自動車部品海外輸送用段ボール器具』

中央紙器工業株式会社 商品開発部 主任(包装管理士) 磯貝 僚一 氏

2023年 中部包装界賀詞交歓会【開催中止】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会員各位の健康や安全面などを第一に考えた結果、誠に遺憾ながら開催中止とさせていただきます。

何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

包装技術講習会

~ワンウェイ段積み治具の開発と
  コロナ禍で変化した社会におけるパッケージングの模索~

日 時 2022年11月9日(水) 13:30~16:40
会 場 「Zoomウェビナー」を利用したオンラインセミナー形式
※お申込みの方に、事前登録等の手続きをメールでご案内いたします。
参加費 無料
お願い 録画・録音・キャプチャー取得等によるデータ保存行為を禁止させていただきます。

【コーディネーター】

笹徳印刷(株) 企画制作本部PCCグループ グループマネージャー(包装管理士) 北原 圭介 氏

あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター 環境材料室長 山本 晃司 氏

13:35~14:40

『ワンウェイ段積治具の開発』

(株)日立物流 ロジスティクスソリューション開発本部
ロジスティクステクノロジー部(包装専士) 金井 俊介 氏
14:40~14:50 休憩
14:50~16:40

『COVID-19 Pandemicで変化した社会におけるパッケージングの模索』

住本技術士事務所 所長(包装管理士) 住本 充弘 氏

第59回中部支部会員総会議案書(報告書)

「第59回中部支部会員総会」について、6/23(木)に開催いたしましたので、中部支部HPにて「議案書(報告書)」を公開いたします。

なお収支決算・収支予算については、2012年度から本部での一括審議事項のため、中部支部においては報告事項となります。

収支決算および収支予算については、下記URL(本部HP)の「事業報告、事業計画、予算・決算」において公開される資料を参照ください。

https://www.jpi.or.jp/gaiyo/gaiyo.html

第59回中部支部会員総会・記念講演会

日 時 2022年6月23日(木) 14:00~17:00
会 場 ホテルメルパルク名古屋 3階「シリウス」
内 容 ・総会(14:00~14:45)
議 題
(1)2021年度事業報告について
(2)2022年度事業計画について
(3)中部支部役員・運営委員について

・記念講演会(15:00~16:00)

演題

『生分解性バイオマスプラスチックの高性能化と包装分野への応用』

講師
東京大学 大学院農学生命科学研究科
生物材料科学専攻 高分子材料学研究室 教授 岩田 忠久 様

・会員交流会(16:00~17:00)
※感染症予防のため、会員交流会での飲食物の提供は控えさせていただきます。

2022年度研究例会の開催について

2022年度の研究例会については、JPI全支部共同企画「JPI WEBフォーラム」としてウェビナーで実施いたします。

下記URL(本部HP)「お知らせ」欄のリンクまたは「各種催事」ページから、各ウェビナーの開催内容をご確認の上、専用申込フォームよりお申込みください。
https://www.jpi.or.jp/
(書面でのご案内は、JPI本部より各社登録員様宛に毎月発送いたしますDMをご覧ください。)

なお、「包装技術講習会」(11月)、「2022日本PC入賞作品発表会」(12月)、「第62回包装技術研究大会中部大会」(2月)については、別途中部支部独自事業として開催予定です。
それぞれのご案内については、追って中部支部より郵送にてご案内申し上げます。

第61回包装技術研究大会中部大会

~包装改善の取り組み事例紹介と環境配慮パッケージ・物流技術の最新状況~

日 時 2022年2月22日(火)13:30~17:20
会 場 「Zoomウェビナー」を利用したオンラインセミナー形式
※お申込みの方に、事前登録等の手続きをメールでご案内いたします。
参加費 会員:無料/一般:5,500円(消費税10%込)
その他 セミナーの録音・撮影等(キャプチャ等のデータ保存含む)を禁止します。

【コーディネーター】

・名港海運(株) 営業第一部 部長(包装管理士) 鳥居 晃好 氏

・ホーユー(株) 生産・物流本部品質保証部品質保証2課 担当課長(包装管理士) 丹羽 喜一 氏

13:35~14:05

「スターター集合包装改善」

ナビエース(株) 営業本部販売推進部 (包装管理士) 山田 祐也 氏

14:10~14:40

「段ボールの材質変更による包装改善」

京セラ(株) コーポレート経営管理本部物流部国内第1物流部
岡谷物流課 (包装管理士) 五味 果那美 氏

14:45~15:15

「BIB向けバリアシーラントフィルムの破袋強度の向上」

(株)アイセロ 技術開発本部 (包装管理士) 鳥居 祐紀 氏

15:25~16:05

【特別講演①】
『持続可能な社会の実現のために DNP環境配慮パッケージング「GREEN PACKAGING」』

大日本印刷(株) 包装事業部第2BIセンター中部営業本部 原田 惇志 氏
大日本印刷(株) 包装事業部第2BIセンター中部営業本部 川口 佳奈美 氏

16:10~17:20

【特別講演②】
『「スマートロジスティクス」の今と「LOGISTEED」が切り拓く物流の未来』

(株)日立物流 スマートロジスティクス推進部 部長 舘内 直 氏

※上記の各発表時間は、「質疑・応答」を含んだ表記となります。

【注意事項とお願い】
「Zoomウェビナー」を利用したオンライン形式で開催いたします。下記の内容について、事前にご確認ください。
①ご利用の端末へのZoomアプリケーションのインストールおよびインターネット接続が必要となります。
②接続回線の状況等により視聴し難い場合があります。通信費・接続利用料金等は、参加者の自己負担となります。
③参加申込をいただいた方には、Eメールで参加手順等をご案内いたしますので、事前にご確認ください。
④本セミナーの内容について、録画・録音・キャプチャー取得等によるデータ保存行為を固く禁止します。また、講演資料は参加者のみの利用に限定しますので、無断で複写・配付・公開する等の行為を行わないでください。

2021日本パッケージングコンテスト入賞作品発表会

~2021日本パッケージングコンテスト入賞作品の包装の工夫やアイデアを知る~

日 時 2021年12月8日(水) 13:30~16:05
会 場 「Zoom」を利用したオンラインセミナー形式
※申込者に、事前登録の手順をメールで連絡
参加費 会員:無料/一般:5,500円(消費税10%込)
お願い 録画・録音・キャプチャー取得等によるデータ保存行為を禁止させていただきます。

【コメンテーター(進行)】

あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター 環境材料室 主任研究員 佐藤 幹彦 氏

13:35~14:05

〈大型・重量物包装部門賞受賞〉
「常識を打ち破ろう! サスティナブル ユニットロードの実現」

ナビエース(株) 営業本部販売推進部 (包装管理士) 竹内 美帆 氏
14:10~14:40

〈贈答品包装部門賞受賞〉
「伊藤久右衛門 フラワーギフト アレンジピンポンマム」

ムサシ王子コンテナー(株) 東海営業所 包装設計担当(包装管理士)
海原 佑紀 氏
14:45~15:15

〈テクニカル包装賞受賞〉
「超しっかりロック」

大王パッケージ(株) 企画部企画課 課長(包装専士) 小田 篤史 氏
15:20~16:05

〈適正包装賞受賞〉
「高級カーナビゲーションシステムのパルプモールド包装」

ダイナパック(株) 営業本部パルプモールド開発営業部 主事
(包装管理士) 清水 久司 氏

〈輸送包装部門賞受賞〉
「シマオカロック」

ダイナパック(株) 営業部 設計グループ 嶋岡 颯人 氏

2022年 中部包装界賀詞交歓会【開催中止】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会員各位の健康や安全面などを第一に考えた結果、誠に遺憾ながら開催中止とさせていただきます。

何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

包装技術講習会

~包装材料がひらく新たな未来-プラスチックと紙素材にみる環境対応とSDGs-~

日 時 2021年11月10日(水) 13:30~16:35
会 場 「Zoom」を利用したオンラインセミナー形式
※お申込みの方に、事前登録等の手続きをメールでご案内いたします。
参加費 無料
お願い 録画・録音・キャプチャー取得等によるデータ保存行為を禁止させていただきます。

【コーディネーター】

株式会社アステックコーポレーション 東日本事業所 副事業所長(包装管理士)岡田 俊紀 氏

あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター 環境材料室 主任研究員 佐藤 幹彦 氏

13:35~15:05

『環境対応包装の現状2021
~待ったなし!脱炭素トレンドにどう向き合えばいいのか~』

フタムラ化学株式会社 中部統括開発グループ
リーダー(包装専士) 花市 岳 氏
15:05~15:25 質疑・応答
15:25~15:35 休憩
15:35~16:20

『紙素材を建設資材へ活用してSDGs の実現と生産性向上
-「KAMIWAZA®」の開発と実用化』

王子インターパック株式会社 営業本部
チーフ(包装管理士) 物部 公二 氏
清水建設株式会社 土木技術本部 イノベーション推進部
主査 宇野 昌利 氏
16:20~16:35 質疑・応答